誰か買ってくれるの?買取市場では意外な美術品も扱っている

マニアックな美術品

箱を持つ手

どんなものでも買い取り手が見つかる

誰も見向きをしなかったものでさえも、買取してくれるお店が骨董品店があります。そのため、どんなものでも価値があるので、捨ててしまわないで買取を検討しましょう。
古ぼけていて動かなくなったアンティークの時計でさえも、高い値段がつくことがあります。

鑑賞石も専門店なら査定できる

その価値が分からず、処分されてしまうものの代表としては石があります。
石は銘石といわれるものなら高く取引されていますが、ほとんどの美術品店では取り扱っていません。しかし近年テレビ放送のインテリアで石が映っていたことから、再び注目を集めています。
専門店であれば鑑定してくれるので問い合わせてみましょう。

人気があることを見分ける鍵

一見役に立ちそうもない、不必要に大きいという不用品を見つけた場合、貴重なものである可能性が高いので調べてみましょう。
このとき、例えば石であれば専門雑誌が出ていることもありますので、それに関しての雑誌が出ているかで人気の度合が推し量れるといえます。

古道具も貴重なもの

もう使うことができなくても価値があるものといえば、人形や古道具です。こういったものは取り壊す予定の古い家などに放置されていることがあります。
そういった不用品は処分に困りますので、引き取ってくれる骨董品店を探すと良いでしょう。

諦める前に相談

廃棄物を多く出してしまうと地球環境にも悪いですが、誰も引き取ってくれなさそうなガラクタは仕方なく廃棄処分してしまうという人は多いです。しかし、意外なものでも美術品取り扱い店で高値で買取してくれるところもあります。

こんな珍品も引き取ってくれます

ガラス電笠

日本の家庭では昔シェードにガラスが使われていました。今では軽いプラスチック素材でシェードが作られているのですが、大正時代に作られたレトロなデザインに人気が集まっているため、骨董品店でも引き取ってくれるのです。

銀で作られた大杯

大きな皿は鑑賞の趣味がなければどう扱ってよいか分かりません。しかし、銀細工は工芸品としての価値も高いため、買取店でも扱っているところがあります。ただし、銀の食器やオブジェは色が変わりやすいので気をつけましょう。

ビスクドール

昔は磁器で人形が作られていました。日本でもビスクドールが作られており、貴重なものもたくさんあります。状態によって値段が変わりますので、鑑賞する予定がないのであればきちんと保管してくれるところに問い合わせましょう。

箪笥や寄木細工

木工の工芸品をメインで扱っている骨董品店が多くこのような古道具を扱っています。特に明治時代のものが需要が高くなっているので、多少傷があったり開かなかったりするものでも買取してもらえることがあるのです。

巨大なモニュメント

細工が良くできているものであれば、査定してもらい買取ってもらうこともできます。大きなモニュメントは処分にも困ってしまうので、引き取ってくれるところがあれば助かるでしょう。特に真鍮やブロンズが需要があります。

石で高値がつく種類ベスト5

no.1

白梅の模様がある梅花石

福岡県で採取できる石ですが、この石の表面には白梅のような模様が散りばめられています。この模様が現れるのはウミユリという古代植物が要因です。天然記念物となっているので、保存状態が悪くても6万円程度で取引されています。

no.2

美しい菊の模様が出る菊花石

マグマが溶かされて花のような模様が出てきている石が菊花石です。この菊花石も天然記念物となっているので、高値で取引されています。発見できる確率が少ないので、これではないかと思うものを発見したら迷わず専門店に持ち込みましょう。

no.3

岩脈が特徴的な蛇石

蛇は昔から縁起物として取り扱われていたので、その蛇のような模様が出る蛇石はよく取引されているのです。多く取引されてはいますが、あまり高値になる可能性はありません。模様によっては3万円ほどで取引されるケースもあります。

no.4

マリンブルーの鍾乳石

鍾乳石も人気のある石です。高値になれば50万円にもなると言われているので、発見したら捨てずに大切に保管し、買取店に持ち込みましょう。インテリアにすることができないので、あまり高値が付かない場合もあります。

no.5

紫色のアメジスト

パワーストーンはあまり専門店で取り扱われていないのですが、アメジストの台座付きの原石は近年から取引されるようになりました。巨大なアメジストだと値段が高くなるというわけでもなく、色が濃い、粒が揃っているというのが基準です。